お盆の供養盆踊り事前練習(栗ヶ畑区・黒松区)

「口説き」と「踊り」の練習 [スライド表示] 拡大写真 

 お盆には古くから受け継がれている「供養盆踊り」が各自治区で行われていました。
栗ヶ畑区においても以前は御仮屋の敷地で二重三重の踊りの輪が出来て盛大でした、しかし長谷各地域も過疎化が進み世帯数や人口の減少と共にこの供養盆踊りの 行事も無くなった自治区が多く残念ながら今では柴北下区、黒松区、栗ヶ畑区のみとなりました。
 さらに生の口説きを行っているのは黒松区と栗ヶ畑区だけとなりました、生の口説きを行う黒松区と栗ヶ畑区では毎年事前に口説きと盆踊りの練習を行っています。
本番の盆踊りは8月14日の夜です、しかし今年は大型台風が接近する様で少し心配です。