大分県議会が「ながたに振興協議会」に来られました

里山整備事業調査視察 [スライド表示] 拡大写真 

「ながたに振興協議会」では平成29年度から毎年大分県の補助を受けて里山整備事業を継続しています。
 その関係で大分県議会総務企画委員会(木村親次委員長)の委員7名が視察調査に来られました。
 視察調査には高橋豊肥振興局長他県の関係者、地元の森県議、市まちづくり推進課の関係者も参加して頂きました。
当協議会からは赤峰会長が議会で遅れるため、穴見純一副会長、高野和幸事務局長、甲斐照昭・田島靖久支援員が対応し穴見副会長が代表して挨拶と近況を説明しました。
 本題の事業概要説明では高野事務局長がプロジェクターにて写真と動画を交えながら事業活動の説明を行い、その後質疑応答では活発な質問が続き予定の時間いっぱいで調査は終了しました。