伐採竹の活用事業の視察に来場 [ながたに振興協議会]

日本文理大の杉浦教授・NPO法人三角ベース(安岐町)他 [スライド表示]

 「ながたに振興協議会」が昨年度から進めている里山整備の竹伐採と竹の活用事業を視察に来られました(12月1日)。
 視察に来られたのは日本文理大学の杉浦嘉雄教授・社会福祉法人三角ベースの荘司壽子理事長・NPO法人おおいた有機農業研究会の有光宏之事務局長と関係者11名です。
 ながたに振興協議会の拠点において高野事務局長が事業の説明後、高津原の竹の伐採現場に案内して作業内容など説明しました。
 安岐町から来られた社会福祉法人も竹をチップ化して販売しているとのことで竹活用などの具体的な議論が出来ました。
 これを機会に今後双方で竹活用の情報交換など交流を継続したいと考えています。